• チーコ

アミノ酸を上手に摂ろう!

肥満者は成長ホルモンの分泌率が一般的な体重の人よりも落ちてしまいがちです。


理由として、内臓脂肪が多めについている人の場合は、

血中の遊離脂肪酸の比率が高くなり、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうからです。


※成長ホルモンとは? 成長ホルモンは筋トレ時や、睡眠中に多量に分泌され、

筋肉の成長や体脂肪の分解、

身体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働き(代謝)、 そして、肌や髪の代謝を促進し。美しくなる働きもしてくれます。



成長ホルモン分泌されやすくするために、

身体を動かす前にアルギニン(アミノ酸)を摂取するという方法があります。


アルギニンを多く含む食べ物

納豆、高野豆腐、エビ、シラス、鶏肉、玄米、卵、かつお節、

落花生、干し湯葉、大豆、きな粉など。






上手にアルギニンを摂取して美と健康をキープ!

美味しく活用して食欲の秋をもっと楽しみましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com