• チーコ

寝つきをよくするために<体温のこと>


眠る前に手足を軽く動かし、体温を上げておくと眠りにつきやすいです。



人間は日中活動している間は体温が高く、夜、体温が下がると眠くなります。

この体温の差の幅が大きいほど寝つきがよくなり熟睡しやすくなります。


その理由ですが、

日中、パワフルに活動して夜になると副交感神経が優位になり、

そして身体の深部中から熱が放出され、次第に体温が下がります。


この体温の低下がサインとなり、「入眠ホルモン」であるメラトニンが分泌され、

健やかな眠りへと入っていきます。


よりまして、よりよい眠りにつくためには、

「仕事モード」で交感神経が優位になっている心と体を、

「休息モード」の副交感神経優位のスイッチへと切り替える必要があるということ。


つまり、眠りに就く前に体温を上げておくと、

脳は体温を下げようと指令を出すため、

結果、体温の幅が出来て深い睡眠を得られやすくなるのです。


体温を上げるためには身体を動かすことがまずはベターです。

手足を動かすことによって放熱することができます。


手足の体温の上げ方はとても簡単。


少し手足を動かしてヨガやストレッチなど、

軽く身体を動かして体温を上げるといいのですね。

そして、体温の幅をつくりましょう!





0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com