• チーコ

早食いと肥満の濃い関係

早食いと肥満の濃い関係


食べる早さと肥満度には関係があるといわれています。

食事を始めてから血糖値が上がるまでに、約20分かかります。


食事開始から20~30分後にようやく満腹中枢に信号がいき、

そこで食欲抑制ホルモン(レプチン)も働き始めます。

が、そのレプチンの働きが始まる前(20分以内)に食事を終えてしまうような早食いをしてしまう人は、食べ過ぎてしまっている可能性が大です。


できれば食事は20分以上かけて、

ゆっくりよく噛んで楽しんだ方がいいのです。



<早食いを修正する工夫>

①薄味にする。

②噛み応えのあるものを食べるようにする。

③ひと口の量を減らす。

④噛む回数を意識的に増やしてみる。

⑤理想的にはひと口入れて30回噛む。






食欲が抑えきれない人は、

食べ方の工夫をすると案外、食欲を抑えられるかもしれません。


どうしても抑えられないときは、無理に抑えずにサクッと食べてしまって、

身体を動かして消費すればいいのですよ!




  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com