• チーコ

氷川きよしさんの変化に思う

氷川きよし「演歌の貴公子」決壊寸前…強まる“きーちゃん”色に事務所はヤキモキ

そもそも氷川はポップスやロック志向だったが、演歌のほうがライバルがおらず、勝機があると読んだ所属事務所が戦略的に氷川を演歌歌手としてプロデュースし、成功した経緯がある。それゆえ所属事務所的には“演歌の貴公子”のイメージを壊したくないため、氷川との譲れない攻防になっているというのである。

氷川きよし「演歌の貴公子」決壊寸前…強まる“きーちゃん”色に事務所はヤキモキ(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース 歌手の氷川きよし(44)にもうひとつの“カラフル論争”が起きている。昨年末のNHK紅白歌合戦では美空ひばりの「歌は我が命」を披露。2019年には「氷川きよし君は卒業して、これからはきーちゃんで」とnews.yahoo.co.jp


https://news.yahoo.co.jp/articles/1c2df4df57e70268c48346b42397fa5444c344af

ファンの方々はきっと今の氷川さんを受け入れているのだろうし、 氷川さんご自身がきっぱりと演歌はやりたくないという意向を示しているのだから、 今は彼がやりたいことをやりたいだけやらせてあげればいいとはチラと考えるけど、そう単純なものでもなさそう。 ・・・まぁ、育てた側の事務所サイドではそんな悠長なことを言っていられず、「今まで大事に育てたのに・・・」という思いが事務所側にはあるでしょうし、対して氷川氏側は「今まで搾取された」「無理強いされた」と思っているかもしれません。 お互いの齟齬がありすぎる。 アーティストが売れてくるとぶちあたる方向性問題ですね。よく聞く話。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示