• チーコ

目線が大事です!

歩くときには目線も大事です。

表現者の場合には、特に大事なポイントだと言ってもいいでしょう。


歩くときはどこに向かおうとしているのか、

しっかりと目標をバシッ!と定めて歩くことが大事です。


脳は目からの情報で今、どこに向かおうとしているのか?

目から伝えられた情報により、筋肉群に指令を出します。

見たものにより、身体の動きがつくられるというわけです。

よって、しっかりと目線を定めることが大事なのです。


【美しく歩くコツ】

例えば、

50メートル先のビル等を目的地と定めて、

それを見ながら歩いてください。

この目標物を定めるのが重要なんです!


目標物を定めていると、頭も顎も安定し、颯爽と美しく歩くことができます。

逆に、

目標物を定めずに歩いていると、

顎はユラユラ動き、目線も下に向きがちになり、

自信なさげな力の弱い印象になってしまいます。

影も薄くなります。存在感も薄くなります。


また、目線が弱い歩き方というのは、

どう贔屓目にみてもあまり美しい歩き方ではないことでしょう。


目線が大事です!






目線をバチッと定めてください。

目から脳にしっかりと情報を伝えて身体に連動させてくださいね。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com