• チーコ

真っすぐ立てていますか?

真っすぐ立てていますか?


立つときは股関節で地面をとらえるようにしたいものです。


股関節で地面をとらえた姿勢とは、

「股関節が足裏の真上の位置」にあることです。

そして、

腰を足裏の真上に来るくらいにところに置くように意識するといいのです。



腰の位置が適切な位置にあれば、下半身に余分な力がかかりません。

そうすると、あらゆる動作を行いやすくなります。

軸もしっかりと安定します。






0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com