• チーコ

<見映えをよくする>腕の使い方

見映えをよくする腕の使い方


ダンスはリズムの取り方も大切ですが、

手や腕の使い方は見映えを良くするのに重要な要素です。


ダンスや表現が上手な人は手や腕の使い方も巧みです。 腕を上手く使うから空間の使い方が抜群にいいのです。

見事な人って見かけますよね。



ご安心を!

これは練習次第で自然に使えるようになります。


初心者の方でよく見かけるのですが、

例えば、振付を振り映しするときに、

足は動かせていても手を全く使わずに固まっていたりします。


また、手の方に意識がいかずに、

手がダラーんと下がっていたりします。


手の動きというのは意識しないと滑稽に映りやすい部位なのです。

さぁ、どうしましょう。


『手や腕を見映えよくするために』

●腕の振り幅がどうなっているのか?

●腕をあげた時の高さは?

●肘の角度は?

●手の位置は?

,etc.


たとえ、足だけステップの振付があったとしても、

腕にも意識をしてみましょう。

見映えや華やかさがグーンと違ってきますよ。





  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com