• チーコ

「あーすごく眠い」というときは・・・



めっちゃくちゃ眠くてどうしようもないときってありますよね。

強力な眠気を感じてしまうときには、

それに抗わずに短時間の仮眠をとることで、脳をリフレッシュすることができます。

この眠気ですが、

体内時計のリズムからすると、起床から8時間後と15時間後に眠気のピークがやってきます。

この眠気を防ぐには、起床から6時間後に5分間(時間がなければ1分でも)目を閉じるといいのです。


強い眠気を払うには1分~5分目を閉じるといい。

眠気のメカニズムですが、

ちょうどこれから脳の働きが活発になるというタイミングに眠くなることが多いそうです。

そこで、眠気がやってくる前に目を閉じて、眠気をあらかじめ解消しておくといいのです。

※コツとしまして起床から6時間後に5分間(時間がなければ1分でも)目を閉じること。

もちろん、目を閉じるだけではなく、少しの昼寝や仮眠も強力に効き目があります。

その場合の注意点ですが、ついつい、うっかりと深い睡眠に入らないように気をつけてくださいね。

昼寝をする場合・・・年代別最適時間(年齢により睡眠リズムは異なります)

10代では10〜15分、

20代〜55歳くらいまでは15〜20分、

それ以上では30分程度が目安です。

昼寝の習慣がないという場合は、先述したように、

目を閉じて安静にしているだけでも、眠気の解消に効果的ということです。







しかし、眠気を感じるということは疲れのバロメーターになることもあります。

「休憩タイムのお知らせ」という風にゆるーく考えてもいいかと。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示