• チーコ

ため息も(ときには)有効なのです。

ため息も(ときには)有効なのです。

深く呼吸をすることが大事なのです。

ひと息ついて深呼吸!ため息だってOKです。

自分が気持ちいいと感じる深さで大きく息を吐いてみましょう。

なんだか頭の中がスッキリして肩が軽くなってくるのではないでしょうか。

●ため息はリラックスのスイッチ!

疲れや多大なストレスを抱えたままにしていると、呼吸が浅くなってしまいます。

浅い呼吸を続けていると身体が酸素不足の状態になります。

その酸素不足を解消しようと交感神経が余分に働いてしまい、結果、過度なに筋肉が緊張してしまい身体がガチガチに固まってしまいます。身体が硬いままだとそこからさらにストレスが増大してしまうのです。

そこで呼吸です。

深い呼吸をすることで副交感神経を働かせるようにし、自律神経のバランスをとっていきましょう。

深い呼吸は心身をリフレッシュさせ、副交感神経を優位にし、身体を緩めてくれます。

ネガティブなイメージがあるため息ですが、これが使い方によってポジティブな動作になります。

ため息は交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチの役割を果たしてくれるのです。

決してネガティブなだけのものでもないのです。ときには味方になってくれる。

ため息も深い呼吸ですからね。


深い呼吸はあなたの美と健康を守ります。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示