top of page
  • 執筆者の写真チーコ

リバウンドを避けるには・・・

チーコの毎日ブログ更新!「銀座のひまわり」より



リバウンドを避けるには・・・

夏に向けてシェイプアップ作戦に取り組み、成功した人も多いことと思われます。

そんななか怖いのが、リバウンドですね。


※“リバウンド”とは、ダイエット後にダイエット前の体重に戻ってしまうこと、あるいはダイエット前の体重より増えてしまうことを指します。 日本人のダイエット経験者のうち、約6割がリバウンドを経験しているといわれています。 リバウンドをくり返すと、筋肉量が減って脂肪が蓄積しやすくなります。

どんなダイエットも、生活をもとに戻したとたんにリバウンドしようとする働きが始まります。

だからといって、甘んじてしまうわけにはいきません。

せっかく苦労して手に入れたシェイプされた身体はそうやすやすと手放すわけにはいきませんよね。



◆日常動作を「痩せやすい日常動作」に変えるようにするといい

やせやすい日常動作とは・・・?

正解は「痩せたい部分に力を入れるようにする」です。


痩せたい部分はどこですか?下腹?太もも?

身体のメカニズムにそってみると、その人があまり使っていない部位には脂肪がつきやすく、よく使う部位には脂肪がつきにくくなっています。

痩せたい部分に力を入れる動作」は「カロリー消費を増やす動作」なのです。

よく使うところほど、脂肪が少ないのです。


人も動物もお腹回りにいちばん脂肪が多いですね。

比較的に背中には少ないものです。

太りすぎると背中にもびっしり脂肪がつきますが・・・


背中側がお腹に比べると脂肪が少ないのは、上半身のボディは主に背骨や背筋で支えているからです。

お腹回りは、手足と比べても動かすことが少ないので脂肪が多いのです。


そうなのです。日常的に筋肉が使われないところほど、脂肪が溜まるようです。

なので、脂肪を溜めたくないと心底思うのなら、気になる部位はどんどん使えばいいのです。  

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page