• チーコ

動きをアレンジするなら・・・

動作を4つに分類すると・・・

以下のお話は定期的にさせていただいております。


・大きく

・小さく

・速く

・ゆっくり(遅く)

に分かれます。


人前で何かを表現するとき、

何をどう表現していいのか?迷ったことはありませんか?

そんなときにこれらの4つの動作を掛け合わせると

様々な意味合いを出すことが可能になります。

例えば

大きく+速く

大きく+ゆっくり

これをつないでいくと

大きく+大きく+速く+速く+小さく+速く+ゆっくり・・・

様々な掛け合わせができます。

すると様々な演出ができます。

例えば、

【大きく+速い】動作は躍動的、攻撃的なイメージ。

【大きく+ゆっくり】動作は上品で高貴なイメージ。

そして、同じ大きな動作でもスピードを違えただけで、見栄えも違ってきますし、ガラリと印象も変わるのです。






言葉を思い浮かべて大胆に動いてみましょうか。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示