• チーコ

真っすぐ立つということ。

しっかりと根を下ろすように立ちたいものですよね。

舞踊では真っすぐに立つことが基本です。

両足で真っすぐ立つのはもちろん、

片脚でも真っすぐ立てないと表現の幅が狭くなってしまうのです。


バランスが悪いと真っすぐには立てません。どこか歪んでいます。


バランスが悪いということは、

身体の歪みや筋力不足が原因となることがほとんどです。


むやみやたらに、手足をバタバタ、バタつかせて稽古だけをすればいいのではなく、

身体の軸を整えたり、歪みを修整するお稽古をすることは必要なことです。


大事なことですが、何故か、見落とされがちなのですよね。


せっかくの表現や演出も何も伝わってこなければ空しいものです。

表現としての効果を表すためにも軸の確立というのは重要項目なのです。


何をすればいいか?

まずは、片足立ちで自分の身体をキープできるようにしてみてください。

仕事の合間、用事の合間など、日常の、スキマ時間に片足立ちになってみる。


それだけでもだいぶ違いますよ。





0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com