• チーコ

美しい立ち姿とは。

美しい立ち姿とはどんな姿なのでしょう?


それは立ったときの姿勢が綺麗な一直線上にあること。


地面の上に足裏がバランスよくあり、大地を踏みしめ、

その足の上に正しく骨盤が乗り、

またその上に背骨がきちんと位置しており、

首と頭がその上にバランスよく乗っかかっている状態です。


美しく立つには、

【足の上に上半身をバランスよく乗せる。】

これですね。


少し専門的な視点からいうと、

「耳の穴」「肩の中央」「脚のくるぶし」、

この3点が一直線上にあればOK。



そして、バランスよく重心を乗せる為には、

全身の土台となる「足裏」が安定していなければいけません。


不安定な足裏は小指側とかかとに重心がきていたりします。


とくに、重心を小指に乗せてはいけません。


足裏を安定させるには土踏まずの部分を意識し、

重心移動に気を配ることが大事です。



この感性はすぐには育たないので、

日々の繰り返しのお稽古、鍛錬が必要となります。


「飽きずにお稽古!」美しい立ち居振る舞いもこれにつきるようです。


私もまだまだ未完成の身なので、

ご一緒に頑張りましょう☆




  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com