• チーコ

「超回復」のメカニズム

「超回復」のメカニズム

最近、「超回復」という言葉はポピュラーなものになっているので、

ご存じのお方もいらっしゃることでしょう。


「超回復」とは、

筋トレを行うと筋肉を構成している筋線維にごく小さな傷ができます。

その傷は24~48時間かけて体内で自然修復されるのですが、

修復されるときに以前よりわずかに強くなります。

この現象を「超回復」といい、身体の自覚症状としては、筋肉痛という形で現れます。



この、超回復のメカニズムを理解しておけば、

無理なく無駄のないトレーニングに励むことができるのです。


超回復を効果的に生じさせるには、前回のトレーニングより強度を少しだけ上げることがコツ。


例えば、

10回やった筋トレは11回に、30秒キープできたのなら次は31秒にというように、

前回と比べて101%を目標にすることが大事です。


そして、筋トレの「頻度」の目安ですが、1日おきくらいがいいそうです。


毎日だと効果も薄くなることがあるので、

筋肉を休める日<休筋日>もつくってくださいね。









0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com