• チーコ

運動は脳にも最強なんです。


人はいつから記憶力が劣ってくると思いますか?

個人差が大分あり、年齢的な限定はできませんが、

統計的に、認知症を発症するタイミングは60歳位からというケースが多いようです(が、これは個人差があるので断定はできないということをふまえて・・・)。


その、認知症の原因となるたんぱく質「アミロイドβ(Aβ)」は、

その20年も前、40歳前後から脳に蓄積していきます。

つまり、生涯、脳を劣化させずに健康な脳を保ちたいのであれば、

30代、40代から脳を鍛えておく必要があるのです。

この年代をどう過ごすかで、将来の脳レベルが決まるようです。



イギリスのロンドン大学で行われた、脳トレゲームの効果を検証する大規模な実験では、

「脳トレゲームをいくら行ったところで、その行為が上手くなるだけ。肝心の脳の活性化は見られない。」という結論が出ました。

これは、学術雑誌「Nature」でも紹介され、大きな話題を呼んだようです。


えっ?脳トレゲームが効かない?

はい。そこで、有酸素運動なんです。


「週3回・40分のウォーキング」を一年間続けるだけで、

記憶の脳である海馬が2%も大きくなったという調査結果や、

「運動習慣のある人は認知症になる確率が40%も下がる」という調査結果があります。

運動の効果は、このように各方面にて科学的にも証明されているのです。



これらのように、

有酸素運動は、ダイエットやシェイプアップ、体力維持などの効果が期待できますが、それ以上に、脳を活性化し若返らせるという効果もあるのです。


脳トレゲームでちまちま遊ぶよりも、

運動!そして、ダンス!ですよ。最強はネ!


さぁ、あなた!

そろそろ、いかがでしょうか。




<参考文献>

走れば脳は強くなる (Business Life 8)  

重森 健太 (著)   


  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © 2007 ヒラソル銀座ダンススクール All Rights Reserved. Proudly created with Wix.com